メディカルアロマとはどういったものか

最近は医療の現場などでメディカルアロマを使用することが多くなってきていると聞きますが、それはどういったものなのか詳しく教えます。まずメディカルアロマ自体は、アロマテラピーのことだと認識してもらっていても大丈夫です。アロマテラピー自体は気持ちを落ち着かせたり、リラックスをさせたりすることが目的で使用されていることが多いです。しかし、メディカルアロマは人間が本来持っている自然治癒能力を高める為に使用されます。人間はリラックスした時が一番自然治癒能力が高まるとされている為に使用されることが多くなっています。実際に効果があるかどうかは個人差があるとされていますが、医療の現場でリラックスすることは非常に大切なことです。こういった効果を必要としているので医療の現場で活用されることが多くなってきています。

メディカルアロマは治療用

メディカルアロマとは、通常のアロマテラピーとは異なります。よく言われているアロマテラピーはイギリス発祥で、アロマによって気分を落ち着かせたり、リラックスを促す、いわゆる身体や心を癒すことを目的に使用されています。しかし、メディカルアロマはフランス発祥で、癒しが目的ではありません。フランスでは医療行為と認められており、まさしく医療目的で使用されるのが、このメディカルアロマです。とは言っても、アロマによって病気が治癒されるのではなく、身体の自己治癒力を高めることを目的とします。つまり、アロマを用いて自己治癒力を高め、病気を治癒させていく手助けをすることが目的です。やはり病気は自己治癒力が一番で、これを手助けするのが役割です。資格もあり、仕事にしたい人は資格を取得して仕事に役立てることもできます。

メディカルアロマと普通のアロマの違い

アロマと言えば、ラベンダーやミントなどのハーブの香りをかぐことでリラックスして心の安定をもたらしてくれたり、癒しの効果を与えてくれるイギリス発症のアロマテラピーが有名ですよね。日本でアロマと言ったらこちらを指すことの方が多い印象にあります。しかし、アロマセラピーの他にもフランス発祥のメディカルアロマというものも存在しています。あまり聞き慣れない言葉ですから、両者の違いもよくわからないという人も多いのではないでしょうか。メディカルアロマはエッセンシャルオイルを使って体の様々なトラブルを解決してくれるもので、いわゆる代替医療に分類されています。通常のアロマテラピーとは異なって、エッセンシャルオイルの効果を直接身体に作用させるので、ハーブが本来持っている力をより多く引き出すことができるのが特徴です。